FC2ブログ

記事一覧

PythonでArduinoを制御する

 前記事のついでに、PythonでArduinoを制御する方法を説明します。

 PythonでArduinoを制御するには、 pySerial、Python Firmata、pyFirmataなどを使いますここでは、「pyFirmata」を使う方法を解説します。他の方法は、Playgroundを参照してください。

※操作例は、Windows PCを基本とします。
Python(2.7)はインストール済のこととします。

○Arduinoのセットアップ
 「Arduinoのセットアップ」の手順で、Arduinoをセットアップします。

pyFirmataのインストール
 次のように操作して、pyFirmataをインストールします。

①コマンドプロンプトを起動します。
②次のコマンドを入力します。

「pip install pyFirmata

 または

「easy_install -U pyFirmata

※Windows環境でユーザー名に2バイト文字(漢字など)を使用している場合、pipは使えないようです。

○使用例
 13ピンに接続したLEDを点灯させるには、次のように操作します。 

①コマンドプロンプトから「python」と入力してPythonを起動します。
②次のコマンドを入力します。

>>> from pyfirmata import Arduino, util[Enter]
>>> board = Arduino('COM3')[Enter]
>>> board.digital[13].write(1)[Enter]

 ※COMポートの指定は、ご自身の環境に合わせて変更してください。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

部員3号

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

温度計

ads