記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESP8266でIoT - IFTTT偏

  IFTTTのMaker用のライブラリも書いてみました。


○ライブラリのインストール
  IFTTTのMaker用のライブラリをインストールするには、次のように操作します。
※「ESP8266でIoT - 開発環境のセットアップ」の手順で開発環境をセットアップ済のこととします。

ESP8266 IFTTT Maker library(IFTTT-esp-master.zip)をダウンロードします。
②Arduino IDEを起動します。
③[スケッチ]→[ライブラリをインクルード]→[.ZIP形式のライブラリをインクルード]を選択します。
④ダウンロードしたZIPファイル「IFTTT-esp-master.zip)」を選択し、[開く]をクリックします。

○プログラム(スケッチ)
 ※プログラムを書込む際には、GPIO0をLowにします。

 IFTTTのMakeにデータを送信するプログラムは、次のように書きます。

 データは最大3つ送信できます。データはString型で指定する必要があります。

 IFTTTのMakerについては、以下の記事を参照してください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

部員3号

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。