記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESP8266でIoT - dweet.io偏

   ubidotsのライブラリをベースに、dweet.ioのライブラリを書いてみました。


 使用には、ArduinoJson libraryが必要になります。

○ライブラリのインストール
 dweet.ioのライブラリをインストールするには、次のように操作します。
※「ESP8266でIoT - 開発環境のセットアップ」の手順で開発環境をセットアップ済のこととします。

dweetESP8266 library(dweet-esp-master.zip)をダウンロードします。
②Arduino IDEを起動します。
③[スケッチ]→[ライブラリをインクルード]→[.ZIP形式のライブラリをインクルード]を選択します。
④ダウンロードしたZIPファイル「dweet-esp-master.zip」を選択し、[開く]をクリックします。

○プログラム(スケッチ)
 ※プログラムを書込む際には、GPIO0をLowにします。 

・1つのデータの送信
 dweet.ioに1つのデータを送信するプログラムは、次のように書きます。

 dweet.ioのデータはキーと値の組み合わせで送信します。キー(Key)、値(ValまたはValue)は、String型で指定してください。 たとえば、キー「action」、値「on」のデータを送信するには「client.add(”action”, "on")」と指定します。数値の場合、String型に変換して指定します。

・複数データの送信
 dweet.ioに複数のデータ(最大5つ)を送信するプログラムは、次のように書きます。


・データの取得
 dweet.ioからデータを取得するプログラムは、次のように書きます。

 getDweet関数の第2引数keyには、取得したいデータのキーを指定します。たとえば、キー「action」のデータを取得するには、「getDweet(THIG_NAME, "action")」と指定します。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

部員3号

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。