記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IchigoJam+MixJuiceでIoT

  MixJuiceは、IchigoJam用のWiFiネットワークボードです。
 今回は、IchigoJamとMixJuiceを使って、IoTデバイスを構築してみました。IoTプラットフォームにはdweet.ioを使用します。
 具体的には、IchigoJamに接続した温度センサー(TMP36)の計測データを、dweet.iにポストして、そのデータをブラウザで受信してGoogleゲージで可視化します。

○MixJuiceの作成
 MixJuiceの中身はESP-WROOM-02です。ファームウェアも公開されているので、自作することができます。手元にESP-WROOM-02があったので、とりあえずブレッドボードベースで作成してみました。

・必要なモノ

・ツール・ファームウェアのダウンロード
 以下のツール、ファームウェアをダウンロードし、任意のフォルダに解凍しておきます。
  MixJuiceファームウェア(「DOWNLOAD」をクリック)

※rarファイルを解凍するためのツール「7-Zip」のダウンロードはこちらから。

・ESP-WROOM-02の配線

GPIO0 Low(GND)
GPIO2 High(3.3V)
GPIO15 Low(GND)
EN 10kΩで3.3Vにプルアップ
RST 10kΩで3.3Vにプルアップ
TXD シリアル変換ケーブルRXD(白)
RXD シリアル変換ケーブルTXD(緑)


・ファームウェアの書き込み
 次のように操作してMixJuiceのファームウェアを書き込みます。
①FLASH DOWNLOAD TOOLSを起動します。
②COMポート(COM PORT)とボーレート(BOAUDRATE)を設定します。
③「Download Path Config」のいずれかの入力ボックスの右にある[...]ボタンをクリックします。
④MixJuiceファームウェア「MixJuice.bin」を選択し、[開く(O)]ボタンをクリックします。
⑤ADDRに「0x00000」と入力し、左のチェックをオンにします。
⑥その他を次のように設定します。

CristalFreq :26M
SPI SPEED :40MHz
SPI MODE :QIO
FLASH SIZE:32Mbit

20160514002.png 
※この図では「Download Path Config」に「「MixJuice.bin」」以外の項目が入力されていますが、無視してください。

⑦[START]ボタンをクリックします。

 なお ESP-WROOM-02の規定のファームウェアへの書き換え、アップデート方法については、ここを参照してください。

○回路の配線

MixJuice IchigoJam
TXD   RXD
RXD   TXD

 MixJuice(ESP-WROOM-02)の「GPIO0」はHigh(3.3V)に設定します。

 温度センサー(TMP36)は、次のように配線します。
20160514003.png 

○アクセスポイントへの接続
 次のように操作して、アクセスポイント(WiFiルーター)に接続します。
①IchigoJamとMixJuiceの電源をオンにします。
②「?"MJ APC ssid password"」と入力します。ssidにはアクセスポイントのSSIDを、passwordにはアクセスポイントのパスワードを入力します。

○プログラム
・データ送信
 IchigoJamで、次のBASICプログラムを入力します。

・データ受信用HTML
 テキストエディタで、次のHTMLコードを入力します。

 BASICプログラム中の「dweet.io/dweet/for/ichigojam?val=」とHTMLコード中の「var thingName = "ichigojam"」の「ichigojam」にデータを送受信するための固有名で、同じ名前を指定します。これは、任意の名前を指定できます。

○動作の確認
 動作を確認するには、次のように操作します。
①IchigoJamでプログラムを実行します。
②ブラウザでデータ受信用HTMLを開き、[接続]ボタンをクリックします。
20160514004.png 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。