記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Johnny-Fiveでマイコン制御5 - 超音波距離センサー

○使用部品

○超音波距離センサー制御端子
Arduino 0~13、A0~A5
Raspberry Pi(※) GPIO04~026

○基本回路/プログラム

・PingFirmataのインストール
 Arduinoで以下の超音波距離センサーモジュールを使用するには、「PingFirmata」を書き込む必要があります。

・SR04 or HCSR04
・SRF05
・Parallax Ping
・SeeedStudio Ultrasonic Range
・Grove - Ultrasonic Ranger

 「PingFirmata」のソースをコピーして、Arduino IDEから書き込んでください。

・配線
2016051002.png 

・プログラム
http://johnny-five.io/examples/proximity-hcsr04/(デジタル入力端子使用の場合)
http://johnny-five.io/examples/proximity-hcsr04-analog/(アナログ入力端子使用の場合)

◇Raspberry Pi
Raspberry Piでは、Johnny-Fiveを使って超音波距離センサーモジュールを制御することができないため、代替えの方法を紹介します。

・「r-pi-usonic」と「math-statistics」モジュールのインストール
 次のように操作して、「r-pi-usonic」と「math-statistics」モジュールをインストールします。
①ターミナルを起動し、作業用のフォルダに移動します。
②「npm install r-pi-usonic math-statistics [Enter]」と入力します。

・配線
2016051003.png 

・プログラム


2016051001.png 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

部員3号

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。