記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ubidots ESP8266ライブラリ

 ubidotsのESP8266ライブラリを使えるように書き換えてみました。

DSC_0018.png
※画像はデータ取得の例です。

 動作確認したESP8266、ESP-WROOM-02のファームウェアのバージョンは以下です。

AT version:0.40.0.0(Aug 8 2015 14:45:58)
SDK version:1.3.0


○ライブラリのインストール
 ArudinoIDE(1.6.8)でライブラリをインストールするには、次のように操作します。

ESP8266ライブラリをダウンロードします。
②ArudinoIDEを起動します。
③[スケッチ]→[ライブラリをインクルード]→[.ZIP形式のライブラリをインストール]を選択します。
④ダウンロードしたESP8266ライブラリのZIPファイルを選択し、[開く]をクリックします。


○ボーレートの設定
 SoftwareSerialを使用しているので、ESP8266のボーレートを9600bpsに設定する必要があります。
 ボーレートを9600bpsに設定するには、次のATコマンドを入力します。

  AT+UART_DEF=9600,8,1,0,0

 元の115200bpsに戻すには、次のATコマンドを入力します。

  AT+UART_DEF=115200,8,1,0,0

 「AT+UART_DEF」の書式は、次のとおりです。

  AT+UART_DEF=<ボーレート>, <データビット数>,<ストップビット>, <パリティ>,<フロー制御>


 PCとESP8266の接続方法、端末ソフトの設定は、以下の記事を参照してください。
Arduino+ESP8266でIoT

 ESP-WROOM-02(スイッチサイエンス)の場合は、次の表のように配線します。

GNDGND
EN10kΩ抵抗経由で3.3V
RST10kΩ抵抗経由で3.3V
TXDシリアル変換ケーブル白
RXDシリアル変換ケーブル緑
VCC3.3V



○ArudinoとESP8266の接続

 ArudinoとESP8266を次のように接続します。

ArduinoESP8266
D2TXD
D3RXD
3.3VVCC
3.3VCH_PD
GNDGND



 ESP-WROOM-02の場合は、次のように接続します。

ArduinoESP-WROOM-02
D2TXD
D3RXD
GNDGND

 VCCは3.3V電源(Arudinoの3.3Vではドライブ不可)、EN、RSTは、10kΩ抵抗経由で3.3Vに接続します。


○プログラム(スケッチ)の例
 データを送信するコードは、次のように書きます。




 その他の使い方は、README、サンプルを参照してください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

部員3号

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。