記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arduino+ESP8266でIoT-IFTTTのMakerにデータをPOST

 今回は、Arduino+ESP8266のIoTデバイスから、IFTTTのMakerにデータをPOST(送信)するプログラム(スケッチ)を作成してみました。IFTTTにデータをPOSTできれば、Googleドライブに記録したり、Twettrにつぶやくことも簡単にできるので、やれることに幅が広がります。

 IFTTTのMakerの作成方法は、「FTTTを使ってセンサー・データをGoogleドライブ(スプレッドシート)に記録する(Arduino編)」を参照してください。


※「Arduinojson」をインストールしてください。

 <SSID>にはWiFiのSSIDを、<<Password>にはWiFiのパスワードを入力します。

 <key>にはIFTTTのMakerのkeyを、<EventName>には、IFTTTのEventの名前を入力します。
1228 (11)


 46行目の「dat["value1"] = "<value>";」の<value>には、送信するデータを指定します。
 データは、value1、value2、value3の3つを送信することができます。必要に応じて、value2、value3を指定します。

 たとえば、Arudinoで計測した温度データを送信するプログラム(スケッチ)は、次のようになります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

部員3号

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。