記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arduino + ThingSpeakでIoT - センサーデータの収集

 今回は、IoTプラットフォームのThingSpeakを使って、Arduinoで計測した温度データを収集、可視化する方法を説明します。
 回路は、「Arduino 温度測定」を使用します。

201602190.png

■ThingSpeakの準備
①アカウントの作成
 ThingSpeakのアカウントを作成します。
②チェンネルの作成
1.[New Channel]をクリックします。
2016021901.png
2.[Name]にチャンネルの名前を入力します。
3.[Field1]~[Field8]に送信するデータの名前を入力します。最大8つまで設定できます。今回はField1とField2の2つを使用します。
2016021902.png
※他の項目は、必要に応じて入力します。
4.[Save Channel]をクリックし、チェンネルを保存します。
5.作成したチャンネルのID(Channel ID)を確認します。
2016021903.png
6.[API Keys]をクリックし、Write API KeyとRead API Keyを確認します。
20160219034.png

■プログラムの作成
Arduino開発環境の構築
1.「ArduinoをJavaScriptで制御する」の手順で開発環境を構築します。
2.コマンドプロンプトから「npm install thingspeakclient」と入力し、node.jsのthingspeakclientモジュールをインストールします

②プログラムの作成
1.次のJavaScriptコードを入力し、「temp_thingspeak.js」と名前を付けて、作業用フォルダに保存します。


<Channel ID>にチェンネルIDを、<your Write API Key>にWrite API Keyを、<your Read API Key>にRead API Keyを入力します。

③プログラムの実行
1.コマンドプロンプトを起動し、作業用フォルダに移動します。
2.「node 「temp_thingspeak.js」と入力します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

部員3号

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。