記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arduino+dweet.ioでIoT - デバイスの制御

dweet.ioは、アカウントを登録することなく利用できるIoTプラットフォーム(クラウドサービス)です。ユニークな「thing-name」(モノの名前、PubNuBのチャンネル名と同等)を使って、データの送受信を行うことができます。有料で「thing-name」を固定(Locked)し、データを監視・通知する「Alerts」機能を利用することもできます。

今回は、dweet.ioを使用して、ArduinoのGPIOに接続されたLEDをオン/オフしてみます。
回路は、「Arduino LED点灯(Lチカ)」を使用します。

Arduino開発環境の構築
1.「ArduinoをJavaScriptで制御する」の手順で開発環境を構築します。
2.コマンドプロンプトから「npm install node-dweetio」と入力し、node.jsのdweetioモジュールをインストールします。

②プログラムの作成
1.次のJavaScriptコードを入力し、「led_dweet.js」と名前を付けて、作業用フォルダに保存します。


2.次のHTMLコードを入力し、「led_dweet.html」と名前を付けて、任意の場所(Webサーバー、インターネット接続された他のPCなども可)に保存します。


③動作の確認
1.コマンドプロンプトを起動し、作業用フォルダに移動します。
2.「node led_dweet.js」と入力します。
3.ブラウザで「led_dweet.html」を開き、[ON]ボタンのクリックでLEDが点灯し、[OFF]ボタンのクリックでLEDが消灯することを確認します。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。