記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arudino+theThings.IOでIoT-センサー・データの収集

 theThings.IOを使って、Arudinoで計測したセンサー・データの収集する方法を説明します。

2016011706.png
2016011707.png


①アクティベート(Thing Tokenの取得)
1.theThings.IOのアカウントを作成します。
2.左サイドのメニューの[Things Manager]を選択し、「ユーザー名 product」の[DETAILS]をクリックします。
2016011701.png

3.[Get activaton codes]をクリックします。
2016011702.png

4.[+]をクリックします。
2016011703.png

5.表示されたウィンドウでThing Tokenを確認し、[OK]ボタンをクリックします。

 以降、Thing Tokenは、「2」までの手順で確認できるようになります。


②開発環境の構築
1.「ArduinoをJavaScriptで制御する」の手順で開発環境を構築します。
2.コマンドプロンプトから「npm install thethingsio-api」と入力し、theThings.IO APIライブラリ(Node.jsモジュール)をインストールします。

③回路の配線
 次のように回路を配線します。
WS122209.png
WS122208.png

④プログラムの作成と実行
1.次のJsonを入力し、「config.json」と名前を付けて、作業用フォルダに保存します。


<your Thing Token>には、①で取得したThing Tokenを入力します。

2.次のJavaScriptコードを入力し、「temp_thethings.js」と名前を付けて、作業用フォルダに保存します。


3.コマンドプロンプトを起動し、作業用フォルダに移動して「node temp_thethings.js」と入力します。

⑤データの確認
1.theThings. IOにサインインし、Panel(パネル)を表示します。
2.左サイドのメニューの[Things Manager]を選択し、「ユーザー名 product」の[DETAILS]をクリックします。
2016011704.png

3.「Option」欄の[Details]をクリックします。
2016011705.png

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

部員3号

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。