記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PubNub+Google Chart(Gauge)でセンサー・データを可視化する

  PubNubを使って、Arduinoで計測したセンサー・データ(温度)をブラウザで受信し、Google ChartのGauge(ゲージ)で可視化する方法を説明します。
2016011401.png


①開発環境の構築
 「PubNubを使ってArudinoを制御する」の①~③の手順で開発環境を構築します。

②回路の配線
 次のように回路を配線します。
WS122209.png
WS122208.png

③プログラムの作成
1.次のJavaScriptコードを入力し、「temp_pubnub.js」と名前を付けて、作業用フォルダに保存します。


2.次のHTMLコードを入力し、「temp_pubnub.jhtml」と名前を付けて、任意の場所に保存します。


<your Publish key>にはPublish Keyを、<your Subscribe key>にはSubscribe Keyを入力します。
2015123101.png

④プログラムの実行と動作確認
1.コマンドプロンプトを起動し、作業用フォルダに移動します。
2.「node temp_pubnub.js」と入力します。
3.ブラウザで「ltemp_pubnub.html」を開いて、[接続]ボタンをクリックし、ゲージに温度が表示されることを確認します。
4.[切断]ボタンのクリックで、ゲージが0になることを確認します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

部員3号

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。