記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arduino+M2XでIoT

AT&T M2Xを使用して、Arduinoで計測したセンサ・データを収集する方法を説明します。

2016010706.png

Arduinoのセットアップ
1.「ArduinoをJavaScriptで制御する」の手順でArduinoの開発環境をセットアップします。
2.次のように回路を配線します。
WS122208.png
WS122209.png

②M2Xの準備
1.M2Xのアカウントを作成します。アカウントを作成すると、デバイスを設定画面が表示されます。
2.「Virtual Device」を選択します。
2016010701.png

 「Device」を選択しても、構いません。 「Device」を選択した場合は、「4」の手順でデバイスの種類を選択する項目が表示されます。

3.デバイス名(M2Xでデバイスを識別するための名前)を入力し、[Save]をクリックします。
2016010702.png

4.「Stream ID」にStreamのIDを、「Display Name」にStreamの表示名を入力し、[Save]をクリックします。
2016010703.png
 ※Streamとは、データを保存したり管理したりするためのオブジェクトです。

5.ページ下部の[Go to Device]をクリックします。
2016010704.png

6.作成したデバイスの管理画面が表示されるので、「DEVICE ID」「PRIMARY API KEY」を確認します。
2016010705.png

③「request」モジュールのインストール
 M2XのRESTful APIを使用するため、Node.jsの「「request」モジュールをインストールします。
1.コマンドプロンプトを起動し、作業用フォルダに移動します。
2.「npm install request」と入力します。

④プログラムの作成と実行
1.次のJavaScriptコードを入力し、「temp_m2x.js」と名前を付けて作業用フォルダに保存します。


 [PRIMARY API KEY][DEVICE ID][STREAM ID]には、②-6の画面に表示される「PRIMARY API KEY「[DEVICE ID」「STREAM ID」を入力します。

2.コマンドプロンプトから「node temp_m2x.js」と入力します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

部員3号

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。