記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adafruit IO+Raspberry Pi+MQTTでIoT

 Adafruit IOとRaspberry Piを使用して、センサー・データの収集、およびデバイスを制御する方法を説明します。通信には、MQTTを使用します。

■開発環境の準備
①Raspberry Piのセットアップ
 「Raspberry Pi 2のGPIOをJavaScriptで制御する」の手順で開発環境をセットアップします。

②Adafruit IOの準備
1.Adafruit IOのアカウントを作成します。
2.アカウントを作成すると、「Welcome Dashboard」が表示されるので、右上の鍵アイコン(Your secret AIO KEY)をクリックし、AIO KEYを確認します。
 2016010401.png

③「MQTT.js」(Node.jsのモジュール)のインストール
1.ターミナルを起動し、作業用フォルダに移動します。
2.「npm install mqtt」と入力します。

■センサー・データの収集
①回路の配線
 「Raspberry Pi+Johnny-Fiveでアナログデータを計測する」の回路を配線します。

②プログラムの作成と実行
1.次のJavaScriptコードを入力し、「publisher-pi.js」と名前を付けて作業用フォルダに保存します。


 [USER NAME]には、Adafruit IOのユーザ名を、[YOUR AIO KEY]には③-2で確認したAIO KEYを入力します。
 [Topic name]には、トピック名を「<ユーザー名>/feeds/<フィード名>」の形式で指定します。「Welcome Dashboard」の各ブロックは、「Welcome Feed」フィードに紐づけされているので、ユーザー名が「taro」なら、「taro/feeds/Welcome Feed」になります。
 Adafruit IOのFeed(フィード)は、いわゆるデータを管理するオブジェクトです。このFeedを使用して、データの送受信を行います。

2.ターミナルから「sudo node publisher-pi.js」と入力します。
3.Adafruit IOの「Welcome Dashboard」ダッシュボードを開きます。

 センサーデータを監視する方法は、「Adafruit IO+IFTTTでセンサー・データを監視・通知する」を参照してください。

■デバイスの制御
①回路の配線
 次のように回路を配線します。
WS122401.png

②Adafruit の準備
 「Adafruit IO+Arduino+MQTTでIoT‐デバイスの制御」の③の手順で、フィード、ダッシュボード、ブロックを作成します。

③プログラムの作成と実行
1.次のJavaScriptコードを入力し、「subscriber-pi.js」と名前を付けて作業用フォルダに保存します。


[USER NAME]には、Adafruit IOのユーザ名を、[YOUR AIO KEY]にはAIO KEYを入力します。
[Topic name]には、トピック名を「<ユーザー名>/feeds/<フィード名>」の形式で指定します。今回は、「LED」フィードを使用するので、ユーザー名が「taro」なら、「taro/feeds/LED」となります。

2.ターミナルから、「node subscriber.js」と入力します。

④動作の確認
 Adafruit IOのダッシュボードのスイッチを操作し、LEDがオン/オフすることを確認ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

部員3号

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。