記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raspberry Pi 2のGPIOをJavaScriptで制御する

必要なモノ 
・Raspberry Pi (RASPBIAN JESSIE )
・Node.js ・raspi-io
・Johnny-Five
 Raspberry Pi には、RASPBIAN JESSIEがインストール済みで、環境設定などは 済んでいることとして説明します。なお、デフォルトで「Node.js」はインストールされますが、バージョンが古いです。新しいバージョンをインストールする方法は、こちらを参照してください。

①raspi-ioのインストール 
1.作業用フォルダ(例「JS」)を作成します。
2.ターミナルを起動し、作業用フォルダに移動します。
3.「npm install raspi-ioと入力します。

②Johnny-Fiveのインストール
 「npm install johnny-five」と入力します。

③動作の確認 
1.次のように回路を配線します。
  WS122402.png WS122401.png 

2.テキストエディタなどで、次のコードを入力し、「pi-test.js」と名前を付けて保存します。
  「five.Led('P1-7')」の'P1-7'で使用するGPIOのポート指定しています。これは、ピンヘッダー1の7ピン(GPIO04)という意味になります。対応表は、ここを参照してください。

3.「sudo node pi-test.js」と入力します。LEDが点滅すれば、成功です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

部員3号

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。