記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Node.jsとJohnny-FiveとWeb Speech APIでArduinoを音声で制御する

①動作環境のセットアップ
 「ArduinoをJavaScriptで制御する」を参照してください。

②「socket.io」のインストール
1.コマンドププロンプトを起動し、作業用フォルダに移動します。
2.「npm install socket.io」と入力します。

③コードの作成
1.次のJavaScriptコードを入力し、「server.js」と名前を付けて作業用のフォルダに保存します。

「var board = new five.Board({port: "COM3"});」の「COM3」は、Arduinoと通信を行うシリアルポートを指定します。

2.次のHTMLコードを入力し、「index.html」と名前を付けて作業用のフォルダに保存します。


④動作の確認
1.PCにマイクを接続します。
2.コマンドププロンプトを起動し、作業用フォルダに移動します。
3.「node server.js」と入力します。
4.Web Speech API対応のブラウザ(Chromeなど)で「http://localhost:3000」を開きます。
※ネットワーク上の他のPCやスマホからアクセスする場合は、「http://:3000」形式でURLを指定します。
5.[音声入力開始]ボタンをクリックします。
WS121402.png
6.「スイッチオン」と話すとLEDがオン、「スイッチオフ」と話すとLEDがオフすることを確認します。
※認識しない場合もあります。
WS121404.png

 Bluetoothデバイスのシリアルポートを指定すれば、無線通信も可能なので、スマホからの音声乳六でコントロールするロボットなども意外と簡単にできそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

部員3号

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。