記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プログラムの作成

「MainPage.xaml」と「MainPage.xaml.cs」を次のように記述します。


「bluetooth = new BluetoothSerial("RNBT-E266")」の「RNBT-E266」の箇所には、Bluetoothのデバイス名を入力します。
Bluetoothのデバイス名は、「Bluetoothデバイスの管理」の画面で確認できます。

WS17.png

USB接続の場合は、「private bool useBluetooth = true;」を「private bool useBluetooth = false;」に変更します。
また、「usb = new UsbSerial("VID_2341", "PID_0043");」のVIDとPIDは、デバイスマネージャで確認します。

1.[スタート]ボタンを右クリックし、[デバイスマネージャー]を選択します。
2.「ポート(COMとLPT)」を展開し、Arudino デバイス(例:Arudino Uno(COM 3))を右クリックし、[プロパティ]を選択します。
3.「詳細」タブを選択し、[プロパティ]リストから、「ハードウェアID」を選択します。

WS18.png

コードの入力が完了したら、[ローカルコンピュータ]をクリックして、アプリをビルドし、実行します。

アプリが起動し、無事接続されると、Bluetoothデバイスの緑色のLEDが点灯します。

DSC_0007.jpg

これで、アプリ1の[ON]ボタンを押すとLEDが点灯し、[OFF]ボタンを押すとLEDが消灯します。

WS121201.png
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。