記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Johnny-Fiveでマイコン制御22 - リレー

○Relayオブジェクトを作成する

 リレーを制御するには、Relayオブジェクトを使います。Relayオブジェクトは、物理的なボードに接続された単一のリレーを表すオブジェクトです。Relayオブジェクトを作成するには、Relayクラスのコンストラクタを使います。引数には、リレーを接続するピンの番号を指定します。

new five.Relay(ピン番号);

 

 オプションの「pin」プロパティでピン番号を指定する場合は、次のように書きます。

new five.Relay({

  pin: ピン番号

})

 

 リレーの初期状態には、NO(normally open)NC(normally closed)2種類があります。この状態は、オプションの「type」プロパティで指定することはできます。

type

説明

NO

通常は開いている(既定)

NC

通常は閉じている

 

 NCでリレーを使用する場合は、「type」プロパティに「NC」を指定して、Relayオブジェクトを作成します。

new five.Switch({

  pin: ピン番号,

  type: "NC"

});

 

・配線図-NO

2016080805.png 

・配線図-NC

2016080806.png 


 

リレーを制御する

 リレー回路を開くには「open」メソッド(または「off」メソッド)を、リレー回路を閉じるには「close」メソッド(または「on」メソッド)を使います。また、「toggle」メソッドを使うと、現在の状態を反転することができます。

 たとえば、リアルタイムでNOのリレーを制御するには、次のように書きます

var five = require("johnny-five");

var board = new five.Board();

 

board.on("ready", function() {

  // Relayオブジェクトを作成(10ピンをリレー制御用に設定)

  var relay = new five.Relay(10);

 

  // RelayオブジェクトをREPLに登録

  this.repl.inject({

    relay: relay

  });

});

コードを実行し、コマンドラインから、「relay.close()」「relay.open()」「relay. relay()」と入力し、動作を確認してください。

 

複数のリレーをまとめて制御する

 複数のリレーをまとめて制御するには、Relaysオブジェクトを使います。Relaysオブジェクトは、物理的なボード上に接続されている複数のリレーを表すオブジェクトのコレクションです。Relaysオブジェクトを作成するには、Relaysクラスのコンストラクタを使います。引数には、リレーを接続するピン番号またはRelayオブジェクトの配列を指定します。

new five.Relays (配列);

 

たとえば、910ピンに接続された2つのリレーを制御するためのRelaysオブジェクトを作成するには、次のように書きます。

new five.Relays ([9, 10]);

 

 オプションの「pin」プロパティでピン番号を指定する場合は、オブジェクト形式(JSON)で次のように書きます。

new five.Relays ([{pin: 9}, {pin: 10}]);

 

 オブジェクト形式では、個別にタイプを設定することができます。

new five.Relays([{

  pin: 9,

  type: "NO",

}, {

  pin: 10,

  type: "NC",

}]);

 

 2つのリレー回路をまとめて閉じるには、次のように書きます。

var five = require("johnny-five");

var board = new five.Board();

 

board.on("ready", function() {

  // Relaysオブジェクトのコレクションを作成

  // (9,10ピンをリレー制御用に設定)

  var relays = new five.Relays([9,10]);

  // すべてのリレー回路を閉じる

  relays.close();

})

 

特定のリレーを制御する

 Relaysオブジェクトの特定のリレーを制御するには、配列のインデックスを指定します。インデックスは、ピン番号の記述順に0から割り当てられる連番です。たとえば、インデックスが「0」のリレー回路を閉じるには、次のように書きます。

  // インデックス「0(9ピン)のリレー回路を閉じる

  relays[0].close();

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。