記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Johnny-Fiveでマイコン制御14 - LED補足

複数のLEDをまとめて制御する

 複数のLEDをまとめて制御するには、Ledsオブジェクトを使います。Ledsオブジェクトは、物理的なボード上に接続されている複数のLEDを表すオブジェクトのコレクションです。Ledsオブジェクトを作成するには、Ledsクラスのコンストラクタを使います。引数には、LEDを接続するピン番号またはLedオブジェクトの配列を指定します。

new five.Leds(配列);

 

たとえば、91011ピンに接続された3つのLEDを制御するLedsオブジェクトを作成するには、次のように書きます。

new five.Leds([9, 10, 11]);

 

 オプションの「pin」プロパティでピン番号を指定する場合は、次のように書きます。

new five.Leds([{

  pin: 9

}, {

  pin: 10

}, {

  pin: 11

}

]);

 

 Ledsオブジェクトは、Ledオブジェクトと同じく「on」「off」「toggle」「blink」「strobe」「brightness」「pulse」「stop」メソッドを使用できます。たとえば、91011ピンに接続された3つのLEDを「pulse」メソッドで同時に点滅するには、次のように書きます。

var five = require("johnny-five");

var board = new five.Board();

 

board.on("ready", function() {

  // ledsオブジェクトを作成

  // (9,10,11ピンをLED制御用に設定)

  var leds = new five.Leds([9, 10, 11]);

  // パルスを出力

  leds.pulse();

});

 

・配線図

2016080304.png 


特定のLEDを制御する

 Ledsオブジェクトの特定のLEDを参照するには、配列のインデックスを指定します。インデックスは、ピン番号の記述順に0から割り当てられる連番です。たとえば、10ピンに接続されているLEDだけを点滅させるには、次のように書きます。

var five = require("johnny-five");

var board = new five.Board();

 

board.on("ready", function() {

  // ledsオブジェクトを作成

  // (9,10,11ピンをLED制御用に設定)

  var leds = new five.Leds([9, 10, 11]);

  // 10ピンのLEDにパルスを出力

  leds[1].pulse();

});

 

オブジェクトで特定のLEDを参照したい場合は、あらかじめ各LEDLedオブジェクトを作成し、Ledオブジェクトの配列を指定してLedsオブジェクトを作成します。

var five = require("johnny-five");

var board = new five.Board();

 

board.on("ready", function() {

  // LEDLedオブジェクトを作成

  var ledA = new five.Leds(9);

  var ledB = new five.Leds(10);

  var ledC = new five.Leds(11);

 

  // ledsオブジェクトを作成

  var leds = new five.Leds([ledA, ledB, ledC]);

 

  // 910ピンのLEDの明るさを設定

  ledA.brightness(20);

  ledB.brightness(255);

  // すべてLEDにパルスを出力

  leds.pulse();

});

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

部員3号

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。