記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

Arduino + ThingSpeakでIoT - センサーデータの収集

 今回は、IoTプラットフォームのThingSpeakを使って、Arduinoで計測した温度データを収集、可視化する方法を説明します。 回路は、「Arduino 温度測定」を使用します。■ThingSpeakの準備①アカウントの作成 ThingSpeakのアカウントを作成します。②チェンネルの作成1.[New Channel]をクリックします。2.[Name]にチャンネルの名前を入力します。3.[Field1]~[Field8]に送信するデータの名前を入力します。最大8つまで設定できます...

続きを読む

Raspberry Pi + Dweet.IOでIoT

Arduinoの場合と大差ありませんが、Raspberry Pi の場合の手順について、簡単に解説します。○開発環境の構築1.「Raspberry Pi 2のGPIOをJavaScriptで制御する」の手順で、開発環境を構築します。2. ターミナルから「npm install node-dweetio」と入力し、node.jsのdweetioモジュールをインストールします。○デバイスの制御 Dweet.IOを経由して、Raspberry PiのGPIOに接続されたLEDをオン/オフします。回路は「Raspberry Pi  LED...

続きを読む

Arduino+dweet.io+freeboardでIoT - データの可視化

freeboardは、IoTのデータを可視化するクラウドサービスです。dweet.ioやPubNubと連携することがきます。今回は、dweet.ioとfreeboardを使って、Arduinoで計測した温度データをグラフ化する方法を説明します。回路は、「Arduino 温度測定」を使用します。○Arduinoの準備①Arduino開発環境の構築1.「ArduinoをJavaScriptで制御する」の手順で開発環境を構築します。2.コマンドプロンプトから「npm install node-dweetio」と入力し、...

続きを読む

Arduino+dweet.ioでIoT - デバイスの制御

dweet.ioは、アカウントを登録することなく利用できるIoTプラットフォーム(クラウドサービス)です。ユニークな「thing-name」(モノの名前、PubNuBのチャンネル名と同等)を使って、データの送受信を行うことができます。有料で「thing-name」を固定(Locked)し、データを監視・通知する「Alerts」機能を利用することもできます。今回は、dweet.ioを使用して、ArduinoのGPIOに接続されたLEDをオン/オフしてみます。回路は、「Arduin...

続きを読む

Raspberry Pi  LED点灯(Lチカ)

・使用部品 LED 抵抗(220Ω)...

続きを読む

Raspberry Pi アナログデータ計測

・使用部品PCF8591AD/ DAコンバータモジュール(YL-40)...

続きを読む

Arduino LED点灯(Lチカ)

・使用部品 LED 抵抗(220~330Ω)...

続きを読む

Arduino 温度測定

・使用部品 LM35(LM35DZ)...

続きを読む

ArduinoとRaspberry PiのKindle本の出版

ArduinoとJavaScriptではじめるIoTプログラミングRaspberry PiとJavaScriptではじめる IoTプログラミング上記タイトルのKindle本を出版してみました。このブログで公開している記事をブラッシュアップ、および加筆した内容となっています。Raspberry Piのほうは、OSのインストール、日本語化、sambaやxrdpのセットアップなどについても解説しています。...

続きを読む

ads

プロフィール

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。