記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

Raspberry PiのカメラモジュールをJavaScript(Node.js)で制御する

■カメラの制御テスト まずは、Raspberry Piのカメラ モジュールをJavaScript(Node.js)で制御してみます。①「date-utils」モジュールのインストールファイル名を日付から生成するため、まずは日付処理を単純にするための「date-utils」モジュールをインストールします。1.ターミナルを起動し、作業用フォルダに移動します。2.[npm install date-utils」と入力します。②コードの入力 次のJavaScriptコードを入力し、「camae.js」...

続きを読む

IFTTTを使ってセンサー・データをGoogleドライブ(スプレッドシート)に記録する(Arduino編)

 IFTTTを使うと、IoTデバイスをさまざまネットワーク・サービス、クラウドサービスに接続することができます。たとえば、IoTデバイスのセンサー・データをGoogleドライブやEvernoteに記録することができます。 そこで、今回は、Arduinoで計測した温度データを、Googleドライブ(Googleスプレッドシート)に記録する方法を説明します。■IFTTTの準備 次の手順で、アカウントを作成し、レシピを作成します。①IFTTTアカウントの作成 ...

続きを読む

Raspberry Pi+ubidotsでセンサー・データをリアルタイムで可視(グラフ)化する

関連記事:Arduino+ubidotsでセンサー・データをリアルタイムで可視(グラフ)化する①ubidotsの準備1.ubidotsに登録し、ログインします。2.「Source」をクリックし、「Add Data Sources」をクリックします。3.「Raspberry Pi」を選択し、[Continue]ボタンをクリックします。  ※Nameは任意に変更可能です。DescriptionやTagsは必要に応じて入力してください。4.[Create]ボタンをクリックします。5.作成したData Sourcesをクリ...

続きを読む

Raspberry Pi+Johnny-Fiveでアナログデータを計測する

必要なモノ(リンク先:Amazon)・PCF8591AD/ DAコンバータモジュール(YL-40)1.Raspberry Piのセットアップ 「Raspberry Pi 2のGPIOをJavaScriptで制御する」の手順で、Raspberry Piをセットアップします。2.次のように回路を配線します。3.プログラムの作成 次のようにコードを入力し、「AnalogRead-pi.js」と名前を付けて保存します。4.プログラムの実行、動作確認 「sudo node AnalogRead-pi.js」と入力します。...

続きを読む

PubNubを使ってRaspberry Piを制御する

内容的には、「PubNubを使ってArudinoを制御する」とほぼ同じです。①PubNubのアカウントの登録(無料) PubNubに登録し、Publish KeyとSubscribe Keyを取得します。②Raspberry Piのセットアップ 「Raspberry Pi 2のGPIOをJavaScriptで制御する」の手順でRaspberry Piをセットアップします。③PubNubモジュールのインストール1.ターミナルを起動し、作業用フォルダに移動します。2.「npm install pubnub」と入力します。④コードの作...

続きを読む

Raspberry Pi 2のGPIOをJavaScriptで制御する

必要なモノ ・Raspberry Pi (RASPBIAN JESSIE )・Node.js ・raspi-io・Johnny-Five Raspberry Pi には、RASPBIAN JESSIEがインストール済みで、環境設定などは 済んでいることとして説明します。なお、デフォルトで「Node.js」はインストールされますが、バージョンが古いです。新しいバージョンをインストールする方法は、こちらを参照してください。①raspi-ioのインストール 1.作業用フォルダ(例「JS」)を作成し...

続きを読む

Arduino+ubidotsでセンサー・データを監視、通知する

 「Arduino+ubidotsでセンサー・データをリアルタイムで可視(グラフ)化する」の続きです。ubidots.でデータを監視、通知するには、「Event」を作成します。 前記事のシステムで、温度が30度より高くなったら、SMSを送信するには、次のように「Event」を作成します。1.ubidotsにログインし、「Events」をクリックします。2.「Add Event」をクリックします。3.「Event」を設定するData Sourceを選択します。4.監視するVariableを選...

続きを読む

Arduino+ubidotsでセンサー・データをリアルタイムで可視(グラフ)化する

「ubidots」は、IoTのクラウドサービスです。ubidotsを使うと、センサー・データをリアルタイムで可視(グラフ)化したり、センサー・データを監視することができます。たとえば、温度データをリアルタイムに取得、監視して、30℃を超えたら、メールやSMSなどで通知することができます。①ubidotsの準備1.ubidotsに登録し、ログインします。2.「Source」をクリックし、「Add Data Sources」をクリックします。  3.Data So...

続きを読む

PubNubを使ってArudinoを制御する

①PubNubのアカウントの登録(無料) PubNubに登録し、Publish KeyとSubscribe Keyを取得します。②Arduinoのセットアップ 「ArduinoをJavaScriptで制御する」の手順でArduinoをセットアップします。③PubNubモジュールのインストール1.コマンドプロンプトを起動し、作業用フォルダに移動します。2.「npm install pubnub」と入力します。④コードの作成1.次のJavaScriptコードを入力し、「main.js」と名前を付けて作業用のフォルダに...

続きを読む

Windows Virtual Shield for Arduino

「Windows Virtual Shield for Arduino」は、Windows10デバイス(主にWindows10 Mobileのスマホ)のセンサー類を使って、Arduinoを制御するためのライブラリです。たとえば、スマホからの音声入力で、ArduinoのGPIOに接続したLEDを点灯、消灯することができます。※ただし、筆者は、Windows10 Mobileのスマホが所有してないため、動作検証は取れていません。Windows10 PCなどで試してはみましたが、動作しませんでした(動作検証は継続...

続きを読む

ads

プロフィール

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。