記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

EONでPubNubのリアルタイムデータを可視化する

 EONは、PubNubのデータをリアルタイムに可視化するためのJavaScriptフレームワークです。このEONを使って、Arduinoで計測した温度データを可視化してみます。 Arduinoのセットアップや回路については、「PubNub+Google Chart(Gauge)でセンサー・データを可視化する」を参照してください。①パブリッシャー側のコード Arudinoで計測した温度データをパブリッシュ(発行)するJavaScriptコードを記述します。  パブリッシュするデー...

続きを読む

Arudino+carriotsでIoT-データのプッシュ(転送)

 carriotsには、HTTP通信を使用して、データを外部にプッシュ(転送)する「Trigger」という仕組みが用意されいます。そこで、「Trigger」を使って、データをIFTTTのMakerに転送する方法を説明します。 IFTTTのMaker、およびレシピの作成方法については、次の記事を参照してください。 ・IFTTTを使ってセンサー・データをGoogleドライブ(スプレッドシート)に記録する(Arduino編)1.CONTROL PANELの左サイドメニューの「Push(Trig...

続きを読む

Adafruit IO+IFTTTでセンサー・データを監視・通知する

IFTTTには、Adafruit IOのChannel(Adafruit Channel)が規定で用意されています。このAdafruit Channelを使用して、温度センサー・データを監視し、30℃より大きくなったら、メール(Gmail)で通知するレシピを作成します。※前提条件として、「Adafruit IO+Arduino+MQTTでIoT‐センサー・データの取集」の手順で、データの計測環境が設定済みのことします。1.「My Recipes」をクリックし、 [Create a Recipe]をクリックします。2....

続きを読む

Plotlyでセンサー・データを可視化(グラフ化)する

 Plotlyを使って、センサー・データを可視化(グラフ化)する方法を解説します。①開発環境・Arudino 「ArduinoをJavaScriptで制御する」の手順で、開発環境をセットアップします。・Raspberry Pi 「Raspberry Pi 2のGPIOをJavaScriptで制御する」の手順で、開発環境をセットアップします。②Plotlyの準備1.Plotlyのアカウントを作成します。2.右上の[ユーザ名]をクリックし、[Settings]を選択します。3.「STREAMING API TOKENS」...

続きを読む

Node-RED+IFTTTでセンサー・データをGoogleドライブ(スプレッドシート)に収集する

 Node-REDの使用例として、Arudinoで計測した温度データを、IFTTTのレシピ(Maker)にポストする方法を説明します。 温度を計測するため回路、およびIFTTTのレシピは、「IFTTTを使ってセンサー・データをGoogleドライブ(スプレッドシート)に記録する(Arduino編)」を参照してください。1.フロー(flow)の作成 次のようにノードを接続し、フローを作成します。 ノードはドラッグ&ドロップで配置します。ノード間を接続するには、...

続きを読む

ads

プロフィール

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。