記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

Arduinoでシーケンス制御を学ぶ-導入偏

 最近の電気業界では、PLC/シーケンサを使ったシーケンス制御を扱えるエンジニアが引っ張りダコらしいです。  学生のころリレーを使ったシーケンス制御を教科書レベルで学んだ記憶がぼんやりとありますが、PLCの知識は皆無です。  そんな事情から、PLCを使ったシーケンス制御を学んでみようと思いましたが、PLCは、それなりに高価です。なんとか安価にできる方法がないかと探してみると、PLCのように、Arduinoをラダー図...

続きを読む

Android Things始めました。

昨年末にGoogleから発表されたAndroidのIoTプラットフォームの「Android Things」を始めました。 とりあえずハードウェアにRaspberry Pi 3を使用して、サンプルコード(Lチカ)を実行するまでの手順を説明します。   ※PC環境は、Windows10を前提に説明しています。   ●必要なモノ ◇ソフトウェア ・Android Studio ※Android 7.0 (API 24)以上、SDK Toolバージョン24以上 ・Win32DiskImager ...

続きを読む

冬休みの電子工作 - Bluetoothスピーカー

 Bluetoothスピーカーを作成してみました。 ・使用部品 CSR8645 Bluetoothオーディオモジュール 1 スピーカー(FOSTEX P650K) 2 TP4056 充電器モジュール 1 スライドスイッチ 1 タクトスイッチ(高さ7mm) 5 lipoバッテリー 1 ユニバ...

続きを読む

実験・評価ーBluetoothオーディオレシバーモジュール

 CSR8645を使用したBluetoothオーディオレシバーを購入しました。  オーディオアンプ付きなので、スピーカーと電源をつなぐだけで使えます。 回路の接続例は、次の図のとおりです。  実際に届いたモジュールは、V3.2で、引き出されて端子が異なっていました。大きな変化としては、I2Sの端子が引き出されています。  電源とスピーカーを接続し、aptX対応のスマホとペアリングすれば、aptX機器として認識されま...

続きを読む

実験・評価ーワイヤレス受電モジュール

 中華製のワイヤレス受電(給電)モジュールを試してみました。 送信側の回路図 受信側の回路図 ※受信側の回路定数は、現物とは異なります使用されているICのデータシートは見つけることができなかったので、ICの詳細は不明です。とりあえず、送信側に12Vを給電し、コイルを重ねると、受信側から5Vが出力されました。 5V給電にするには、R1を3K、R2を30k、R3を100kに変更すればよいみたいです。 ...

続きを読む

ads

プロフィール

Author:部員3号
FC2ブログへようこそ!

kindle本

最新コメント

温度計

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。